システムエンジニアの定年はあるのか

システムエンジニアが満足に働ける年齢は35歳までであると、以前はよく言われていました。
その理由は、最新の技術に関する知識をどんどんと吸収する必要があり、勤務時間の長時間化のため残業が多く、体力的に厳しいくなってくるからです。
しかし、システムエンジニアという仕事のキャリアを積み重ねる人材が増加し、いろいろな職場で必要とされるようになってからは、その35歳定年説もどんどん変わってきて、今ではもっと高年齢の人でも活躍している人はいます。

その一方で、30歳そこそこで辞めてしまう人もいて、その差は一体どこから出てきているのでしょうか。
まずは技術を自分から学んでいく意識があるかということです。
趣味とまではいかなくても、ITのトレンドを仕事以外でも吸収していく意欲がある人は、年をとっても活躍できています。

そして一番重要なのはマネジメントができるかということです。
システムエンジニアとしての豊富な知識を持っていたりITリテラシーも重要ですが、この場合、自分の手を動かしてシステムを作ることは必ずしも多くはありません。
プロジェクトに必要な人材を用意し、メンバーをうまく活用してシステムを構築していくマネジメント力が必要です。
そして他のエンジニアたちをまとめられる人がより大きなプロジェクトに関わり、管理職へとステップアップしていけるのです。
またマネジメント経験があれば、転職でキャリアアップをすることも可能になります。

Comment

コメントを残す