システムエンジニアの定年が早い理由

システムエンジニアの定年は早いと言われます。
これは実際に仕事を辞めるといわけではなく、システムエンジニアとして活躍するのが難しくなるという意味です。
ITの技術の進歩が早いために、40歳くらいにもなると新しい技術について行けなくなる人が増えるということです。

もちろん中には現役で続けられる人もいますが、大抵はその後に経験を生かして管理職になったりマネジメントに関わるようになるか、別の業種へ転職するかになります。
あるいはフリーランスとして独立する人もいます。
いずれにしても、同じ会社に同じポジションに居続けることは苦労するということになります。
それを念頭に置いて、日々の業務に取り組むことが必要となります。

自分のキャリアをどのように形成していくのかを定めることが大事です。
システムエンジニアとして取り組むことでも、様々なスキルに磨きをかけることが可能となります。
クライアントとの折衝やシステム設計における計画の立案、携わるメンバーのそれぞれの特性を的確に把握する能力などを養うことが可能となります。
それを意識するか否かによって、着実にスキルを向上させることができるかどうかに影響します。

その日の業務に追われるだけで日々を過ごすことになれば、IT業界に残ることも困難となります。また異業種への転職も難しいものとなります。
けれどもビジネススキルを磨いておけば、未経験での転職も可能ですし、それなりの条件で採用される可能性もあるわけです。

Comment

コメントを残す