システムエンジニアの35歳定年説について

システムエンジニア、通称SEは長く働けないと言われ、35歳定年説というものまで存在します。
ただ、正社員のSEなら他の職業と同じく60歳から65歳での退社が一般的です。
SEだけ35歳で退社するなんてことは基本的にありません。

実はこの35歳定年説はSEとしての能力的な限界年齢を示していると言われています。
なぜ35歳で限界を迎える要因の1つが、学習スピードの低下です。
IT業界は日々進化を遂げており、システムエンジニアはその進化に対応するために新たな知識を吸収する必要があります。
年を重ねるほど知識を吸収するスピードが落ちます。
これまで蓄積してきた知識・経験も、IT業界の進化によって優位に働かなくなる場合もあります。

また体力の低下も要因の1つです。
SEの仕事は残業や土日出勤の多いハードな仕事です。
若い内はハードな環境でも仕事をこなせますが、体力が落ち始める35歳を境に厳しくなっていきます。
もちろん、貪欲に新たな知識を吸収し、体力にも自信がある人は35歳を過ぎてもSEとしてバリバリ働けます。

逆にその自信がない人は、将来の事を考えたキャリアプランを考える必要があります。
システムエンジニアのキャリアとして多いのはSEからプロジェクトマネージャー(PM)というパターンです。
PMはSEを管理しプロジェクトそのものを取り仕切るのが仕事です。
時にはクライアントと折衝することも求められます。
PMとして優秀な実績を収めれば、ITコンサルタントとして独立する道も開けます。
このことから、35歳定年説は自身の将来を見据えた取り組みをするか否かで決まります。

Comment

コメントを残す